for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

オプティム---遠隔作業支援サービスのOEMサービスが国土交通省の新技術情報提供システムに登録


*18:19JST オプティム---遠隔作業支援サービスのOEMサービスが国土交通省の新技術情報提供システムに登録
オプティム
3694は1月31日、同社が提供している遠隔作業支援サービス「Optimal Second Sight」のOEMサービスである「Generation-Eye(G-eye)」が、国土交通省が提供している新技術情報システムNETIS(New Technology Information System)に登録されたことを発表した。

「Generation-Eye(G-eye)」は、スマートグラスを用いて現場と現場事務所間でリアルタイムに情報共有を行うことができる遠隔作業支援サービス。建設業許可が必要となる全29業種すべてに向けてサービスを提供しており、システムの提供のほかスマートグラス、モバイルWi-Fiなどのレンタルも行っている。

NETISに登録されたことで、国および地方公共団体などの発注者や施工業者、コンサルタントなどに情報が共有され、全国での活用が期待できる。さらに公共工事の受注の際にNETISに登録されている技術の活用提案をすることで、工事成績評定での加点や、総合評価方式において加点されるなど、受注に際して有利となる。




《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up