February 7, 2020 / 8:48 AM / 10 days ago

グローセル Research Memo(9):「STREAL」は開発を進め、今後の収益源の1つとすることを目指す


*17:39JST グローセル Research Memo(9):「STREAL」は開発を進め、今後の収益源の1つとすることを目指す
■中長期成長戦略

4. 新商材「STREAL」事業の展開
(1) 「STREAL」の特長
「STREAL」はグローセル9995が日立製作所から製造・販売権を取得した半導体ひずみセンサーの商品ブランドだ。「STREAL」は1)超小型、2)高精度、3)常時計測、という3つの特長を有している。

サイズは2.5mm角で、この中にセンサー素子、制御回路、アンプ回路、A/Dコンバーターが集積されている。現状、これと同様の精度を持つものは大型辞書や百科事典並みのサイズがあり、既存製品との差は歴然としている。性能的には、例えば1kmのレールが1mm伸縮するひずみ量を計測できる超高精度を実現しており、物理変化に応じたモジュール形状を使うことで、加重、圧力、トルク、張力、せん断力、低周波振動など幅広い物理的変化の計測が可能となっている。常時計測という特長は低消費電力という特性によって実現されている。常時計測はセンサーに期待される役割を考えれば極めて重要な要素だが、現実的には電源供給がネックとなるケースも多い。「STREAL」はその課題を克服している。

こうした高機能が評価され、日本政府が主宰する第7回「ものづくり日本大賞」(2018年1月15日発表)において内閣総理大臣賞を受賞した。また、(株)産業タイムズ社主催の「半導体・オブ・ザ・イヤー2019」では半導体デバイス部門で優秀賞を受賞している。

(2) 「STREAL」の事業化の進捗状況
「STREAL」の事業化に当たって同社は、これまでと少し異なる戦略を採用している。ポイントは2つで、1つは同社がファブレスメーカーとして、メーカー機能を果たすということ。もう1つは販売方法(あるいは製品形態)において、このセンサーを半導体チップとして販売するのではなく、モジュール化、コンポーネント化して付加価値を高めて販売する点だ。最終的にはソリューション提案(一例としては、半導体センサーというモノを売るのではなく、それを利用した監視サービスの提供などが想定できる)を目指している。

同社は「STREAL」を2018年2月に発表し、同年4月にセンサーモジュールとして初出荷を果たした。最初の用途は廃棄物処理装置向けで、“材料投入⇒醗酵検知⇒たい肥排出⇒材料投入”のサイクルを自動化することに貢献している。この用途は同社自身による開発ではなく、ユーザーからの打診から生まれたものだ。「STREAL」のポテンシャルの高さを暗示する好例と言えるだろう。

現在、実用化されている、あるいは今後利用される可能性が高い例としては以下のようなものがある。
a) トンネル、橋梁、鉄道車両の台車などでの劣化検査:同モジュールを埋め込むことで、目視や打音ではなく外部から電気信号として検査が可能になる。
b) 各種ロボットのアーム部分に組み込むことで、物をつかんだ時の反応を即座に信号として取り出せるので、よりスムーズな動きが可能になる。

上記の実例として、FAロボット向け1軸トルクセンサーの開発を発表した。これは、ロボットアームの関節部に加わるトルクを高精度で検出し、高度なロボット制御や自動化に貢献するものだ。他軸感度を0.5%以下まで低減し、計測対象以外のトルクや軸力の影響を受けにくいことが特徴。さらにトルクの計測範囲が広く(定格±400Nm、トルク分解能0.4Nm)、薄型化(20mm)も実現している。フィスコでは、今後は各種ロボット向けに大きな需要が期待出来るだけでなく、工作機械などの産業分野への横展開も可能になると見ている。19年11月にパシフィコ横浜で開催されたエンベデッドテクノロジー展で初披露され大きな注目を集めることとなった。

前述のように、同社は「STREAL」の加工度を高めた(すなわち、同社の付加価値分を高めた)状態での販売を計画している。2019年3月期は半導体チップと基盤実装用のコネクタを一体化したセンサーモジュールとして販売したが、2020年3月期以降はさらに加工度を上げ、無線通信デバイスと組み合わせてネットワーク対応を可能にするなどしたコンポーネントとしての販売などに注力している。同時に構造解析や設計技術等についても開発・蓄積を進め、利用範囲を広げ、市場性を高める方針だ。同社によれば、現在60社超の企業や団体から引き合いがきており、それぞれに応用分野を研究・模索しているとのことで、今後の展開は大いに注目する必要がある。

(3) 収益見通し
同社は「STREAL」について、開発のみならずマーケティングの面でも綿密なプランに基づいて進めているおり、製品開発と用途開発及びそれに基づく売上高を網羅したロードマップができているもようだ。

それによれば、初年度の2019年3月期に1億円以下だった「STREAL」の売上高は、2年目の2020年3月期は当初は5億円程度に拡大することを目標としたが、現状ではそのレベルに達していないようだ。ただし、現在の引き合い状況から判断して、2021年3月期以降も徐々に売上高を伸ばし、新中期経営計画「SSG 2021」の最終年度である2022年3月期には15億円~20億円の売上高を想定している。

しかし本格的に売上高が拡大するのは2023年3月期になる見通しだ。同年に50億円を超えたのち、2024年3月期には一気に100億円の大台に到達することが期待されている。これらの数値は、あくまでも計画値ではあるが、これらの数値は決して願望に留まる類のものではなく、販売先となる市場や顧客の裏付けがある、確度の高い想定に基づいていると思われる。

利益については、同社はかねてから「STREAL」では従来の伝統的商社ビジネスの営業利益とは比較にならない高い利益率が期待できるとしていた。その実現時期がいつ頃になるのか、現時点では明らかにされていないが、重要なポイントは同社がファブレスメーカーという点だ。生産設備を自前で持たず、減価償却費の負担などがないため限界利益率は非常に高く、生産量(売上高)が一定水準を超えてくれば、利益率は大幅に改善するはずであり、同社の収益性全体を大きく変える可能性を持つ製品であると弊社では見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below