February 12, 2020 / 6:11 AM / 17 days ago

エスプール Research Memo(6):バランスの取れたポートフォリオ経営と高ROEを意識した経営を推進


*15:06JST エスプール Research Memo(6):バランスの取れたポートフォリオ経営と高ROEを意識した経営を推進
■今後の見通し

1. 2020年11月期の事業方針
エスプール2471は、2020年11月期を最終年度とする中期経営計画において、環境変化に強いバランスの取れた事業ポートフォリオ経営の推進に取り組むべく、「社会貢献性が高い、景気変化に強い、参入障壁が高い」といった3つをキーワードに高付加価値で利益率の高いサービスの提供を拡大していくことで、売上高営業利益率10%を目指す方針を打ち出していた。営業利益率に関しては障がい者雇用支援サービスの成長により、2019年11月期で9.2%と目標に近い水準まで向上し、ほぼ射程圏内に入ったと言える。

こうしたなか、2020年11月期の事業方針として高ROEを意識した経営を推進していくことを打ち出しており、以下の3点に取り組んでいく計画となっている。

(1) 安定収益基盤の底上げと新たな収益機会の獲得→既存サービスの深化、新サービスの展開により、収益力の更なる強化を図る。
(2) 将来の成長を見据えた投資の推進→グループの将来成長につながる事業投資や設備投資、資本提携の検討を進める。
(3) IT投資の拡大(ITインフラ強化、業務効率化推進)→AIやRPAなどの技術を活用した業務効率化を継続強化。


主力2事業をけん引役に業績は2ケタ増収増益が続く見通しで、会社計画は保守的な印象
2. 業績見通し
2020年11月期の連結業績は、売上高で前期比17.8%増の20,636百万円、営業利益で同24.7%増の2,000百万円、経常利益で同22.3%増の1,988百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同19.0%増の1,288百万円と2ケタ増収増益となり、連続過去最高を更新する見通し。引き続き障がい者雇用支援サービス、人材アウトソーシングサービスがけん引役となる。第2四半期累計の営業利益が前年同期比3.3%増の788百万円と伸び率が鈍化する見込みとなっているが、これは前年同期に農園設備販売が大きく伸張したためで、2020年11月期は販売が下期に偏重することが要因となっている。全体的にはやや保守的な印象であり、市場環境に大きな変化がなければ前期と同様、会社計画を上回る可能性が高いと弊社では見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below