February 13, 2020 / 11:23 PM / 10 days ago

テックファームホールディングス---2Q増収、事業基盤を強化・デジタル投資を優先


*08:15JST テックファームホールディングス---2Q増収、事業基盤を強化・デジタル投資を優先
テックファームホールディングス3625は7日、2020年6月期第2四半期(19年7月-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比1.2%増の30.50億円、営業損失が0.41億円(前年同期は2.07億円の利益)、経常損失が0.29億円(同2.03億円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失が0.18億円(同1.37億円の利益)となった。

ICTソリューション事業の売上高は前年同期比5.5%減の23.12億円、セグメント利益は同21.4%減の5.03億円となった。案件別では、エンタメ分野の売上高が大きく伸びたが、前年同四半期には大型案件が含まれていたため、反動減で当四半期は減収減益となった。しかし、5G案件やデジタル技術を用いてビジネスモデルを変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の引き合いはかなり増加しており、回復が期待できる。

自動車アフターマーケット事業の売上高は前年同期比8.0%減の5.57億円、セグメント損失は1.31億円(前年同期は1.39億円の損失)となった。主力の整備システムは堅調であったものの、商品ラインナップ拡充を目的としたシステム投資に注力し、上期は減収となった。下期は、部品商向けシステムについて販売体制が整ったことで、第4四半期へ向けV字回復を見込む。

農水産物輸出ソリューション事業の売上高は2.20億円、セグメント損失は1.18億円となった。旺盛な海外需要に対応するため、煩雑な輸出業務をサポートするシステムの開発を急ぐ。進出を予定した香港では民主化デモの影響を受けたものの、日本の農水産物への高いニーズは継続しており、シンガポール、香港に続く海外拠点の開拓も視野に入る。

2020年6月期通期の連結業績予想については、上記のとおり、主にICTソリューション事業及び自動車アフターマーケット事業の下期以降の回復を見込んでおり、売上高が前期比21.3%増の80.00億円、営業利益が同11.1%増の8.00億円、経常利益が同10.5%増の7.90億円、親会社株主に帰属する当期純利益が4.30億円とする期初計画を据え置いている。



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below