for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ピクスタ---19年12月期増収・大幅な増益、PIXTA事業9.9%増の成長率を維持


*12:24JST ピクスタ---19年12月期増収・大幅な増益、PIXTA事業9.9%増の成長率を維持
ピクスタ
3416は13日、2019年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比9.8%増の27.59億円、営業利益が同45.5%増の1.60億円、経常利益が同44.5%増の1.54億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同332.2%増の0.90億円となった。

主幹サービスであるデジタル素材マーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」は定額制売上が牽引し、PIXTA事業全体で前期比9.9%増の成長率を維持した。また素材点数は4,700万点・投稿クリエイター数は30万人を突破し、より幅広い顧客ニーズに対応できるプラットフォームとして成長した。

海外事業については、投資戦略に基づき地域ごとにメリハリのあるリソース配分を実施し、今後東アジアを中心に成長していくための体制を整えた。またアジア諸国において、アジア全般での販売を目的に制作したパンアジアンコンテンツは、中国ストックフォトサイトへの素材提供を行い、中国市場に展開した。

新規事業のうち、出張撮影プラットフォーム「fotowa(フォトワ)」は、通期撮影件数が13,151件となり、前期比1.6倍の伸びを見せた。中でもニューボーンフォト(新生児撮影)の通期撮影件数は前期比3.6倍に拡大、撮影件数割合は30%となり、七五三と並ぶ人気ジャンルに台頭した。登録フォトグラファー数は1,000人を突破し、より多くの撮影に対応できるプラットフォームとして成長した。
スマホ写真のマーケットプレイス「Snapmart(スナップマート)」は、売上高が前期比83.1%増と順調に伸長。SNSプロモーションに必要な写真もクチコミも同時に提供する「Snapmartアンバサダープラン」も順調に推移している。

2020年12月通期の連結業績予想については、売上高は前期比11.9%増の30.87億円、営業利益は同49.3%増の2.40億円、経常利益は同53.6%増の2.37億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同78.3%増の1.61億円を見込んでいる。


《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up