February 28, 2020 / 6:46 AM / in a month

ベルシステム24ホールディング---中華電信子会社と業務提携契約締結、台湾支店を設立


*15:45JST ベルシステム24ホールディング---中華電信子会社と業務提携契約締結、台湾支店を設立
 

ベルシステム24ホールディング6183は28日、台湾最大手の総合通信会社である中華電信の100%子会社で、コンタクトセンター事業を行う宏華國際(ホンファ国際)と台湾市場におけるコンタクトセンター業務の展開を目的に業務提携契約を17日に締結したことを発表。併せて、子会社のベルシステム24が台湾支店を今春設立する予定であるとしている。

台湾コンタクトセンター市場は約900億円規模といわれる一方、企業や団体での内製比率が8割を超えており、今後のコンタクトセンターアウトソーシング需要が見込めると同社は判断している。日系通販企業の参入が拡大していることなどから、専業のコンタクトセンター需要が高まることが期待されており、同社は今回の業務提携により、台湾市場の開拓・拡大を目指すとしている。



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below