March 3, 2020 / 8:14 AM / a month ago

日本アジア投資---江東区東雲一丁目における大規模複合型高齢者施設建設プロジェクトに対する投資実行を発表


*17:06JST 日本アジア投資---江東区東雲一丁目における大規模複合型高齢者施設建設プロジェクトに対する投資実行を発表
日本アジア投資8518は2月28日、東京都江東区東雲一丁目における大規模複合型高齢者施設建設プロジェクトへの投資を実行したことを発表。

本プロジェクトは、ヘルスケア分野で豊富な実績を有するAIPヘルスケアジャパンが企画するプロジェクト。定員100名規模の介護付き老人ホームに加え、医療モール、民間学童保育、総合スーパーが出店予定。

AIPは東京都心部での大規模複合型高齢者施設の開発に注力しており、これまでに3件の開発実績を有している。
日本アジア投資は、AIPの開発した東京都心初の大規模複合型高齢者施設「AIP勝どき駅前ビル」にも投資を行っており、今回のプロジェクトは同社にとって第2号案件となる。同社は本プロジェクトの総工費の一部を投資し、本施設の完成後一定期間を経て売却する方針。

本物件の概要としては、敷地面積は2,791.58平方メートル、地下1階、地上8階建の鉄筋コンクリート造、2023年2月竣工予定。



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below