March 11, 2020 / 5:10 AM / 20 days ago

TKP---新型コロナウイルス対策のBCP支援、貸会議室を「BCP支援オフィス」として提供開始


*14:02JST TKP---新型コロナウイルス対策のBCP支援、貸会議室を「BCP支援オフィス」として提供開始
ティーケーピー3479は11日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、企業がリスクヘッジのために一時的にオフィスを分散する需要が急増していることを受け、本日よりTKPの貸会議室をオフィスとして企業へ提供することを開始し、企業の BCP(事業継続計画)の支援をしていくことを発表。
新型コロナウイルスの影響から、同社には「リスクヘッジのためにオフィスを分散させたい」、「オフィスビルが閉鎖された場合の臨時オフィスを探 している」、「在宅勤務以外のテレワーク・リモートワークが可能な環境の整った場所を探している」等の問合せを数多くあった。これらの要望を受け、全国 257 拠点の貸会議室・ホテル宴会場を、オフィスの分散によるリスクヘッジを検討する企業・事業者向けに「BCP 支援オフィス」として提供する。 また、感染予防対策については、全国の貸会議室にプラズマクラスター加湿空気清浄機を、全館に消毒液を導入している。
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、足元では同社の主力事業である貸会議室・宴会場は打撃を受けているが、一方サテライトオフィスの需要は大きく拡大しつつある。これを受けて、2019年5月に連結子会社化した日本リージャスでも新規問い合わせ件数も増加しているようであり、同社のレンタルオフィスは今後更に従業員の感染拡大リスクを避けたい企業のオフィス分散の動きから追い風を受ける見込みとしている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below