March 23, 2020 / 6:14 AM / 2 months ago

アライドアーキ Research Memo(6):2020年12月期は大幅な増収により、営業黒字転換を見込む


*15:06JST アライドアーキ Research Memo(6):2020年12月期は大幅な増収により、営業黒字転換を見込む
■業績見通し

2020年12月期の連結業績についてアライドアーキテクツ6081は、売上高を前期比10.3%増の4,556百万円、営業利益を101百万円(前期は157百万円の損失)と大幅な増収により、営業黒字転換を見込んでいる。

売上高は、各事業が順調に伸びる見通しである。特に、マーケティング・ソリューション事業及びマーケティング・ソフトウェア事業が堅調に推移するとともに、クロスボーダー事業及びクリエイティブ・プラットフォーム事業の高い伸びにより、2ケタの増収を実現する想定となっている。

また、損益面でも、各事業の伸長や先行投資の一巡等により営業黒字転換を実現。特に、これまで費用が先行していたクリエイティブ・プラットフォーム事業が売上高の伸びや広告宣伝費の削減により利益貢献フェーズへと移行する見通しである。

各事業の活動方針は以下のとおりである。

(1) マーケティング・ソリューション事業
引き合いの強いファンマーケティングを継続的な仕組みや複数のパッケージとして提供することで、顧客単価の拡大や売上高のストック化を図っていく。

(2) マーケティング・ソフトウェア事業
導入事例の増えてきた小売、D2C、外食業界へのソフトウェア販売を加速させる方針である。

(3) クロスボーダー事業
引き続き、主に中華圏に向けて、独自のネットワークやプロダクトを活用したプロモーション支援を実施し、事業拡大に結び付けていく。

(4) クリエイティブ・プラットフォーム事業
既述のとおり、中小企業向け及び中国市場からの撤退により、最も成長への手応えのある欧米企業(中小企業以外)へ経営資源を集中させ、大幅な損益改善と成長加速を図る方針である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below