March 26, 2020 / 10:16 AM / 4 days ago

シンバイオ製薬---トレアキシン急速静注製剤「RI製剤」の治験症例登録が完了


*19:10JST シンバイオ製薬---トレアキシン急速静注製剤「RI製剤」の治験症例登録が完了
シンバイオ製薬4582は25日、トレアキシン(R)急速静注製剤「RI製剤」について、安全性の確認を主目的とした試験において症例登録が完了したことを発表。

トレアキシン(R)液剤は現行の凍結乾燥剤に比べ付加価値が高く、また2031年まで特許保護期間があるため同社の成長戦略の基盤となる。RTD製剤については2019年9月既に承認申請済みであり、RI製剤は点滴投与時間が従来の製剤では60分間要するところ10分間に短縮できるため、患者と医療従事者の負担を大幅に低減することになる。

今後、RI製剤は本試験終了後に承認申請を行い、2022年下半期の承認取得を予定している。RI製剤承認時に既承認の適応症はすべて対象となり、今期上半期に承認申請を予定している再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の追加適応症もその時点で承認を取得済みであれば含まれるとしている。



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below