April 23, 2020 / 7:22 AM / a month ago

新興市場銘柄ダイジェスト:クエストは大幅に4日ぶり反発、大井電気がストップ高


*16:12JST 新興市場銘柄ダイジェスト:クエストは大幅に4日ぶり反発、大井電気がストップ高
6822  大井電気  3250  +500
ストップ高。20年3月期の営業損益を従来予想の2.80億円の黒字から5.50億円の黒字(前期実績15.76億円の赤字)に上方修正している。情報通信機器製造販売で実施した利益改善策が奏功した。ネットワーク工事保守で電力・キャリア向け通信線路工や保守が増加したことも利益を押し上げる見込み。

1723  日本電技  3125  +211
一時ストップ高。20年3月期の営業利益を従来予想の39.00億円から44.25億円(前期実績31.74億円)に上方修正している。空調計装関連事業の新設工事増加したほか、利益率が改善する見込み。同期の年間配当は従来予想の102.00円から119.00円(前期実績94.00円)に増額修正した。

4583  カイオム  205  +9
大幅に3日ぶり反発。がん治療用候補抗体CBA-1535に関する特許出願について、日本で特許付与の決定通知を受領したと発表。多重特異性抗体Tribody技術を活用し創製したCBA-1535に関連する特許。同技術の活用により、安全性や有効性の高い抗体医薬品の開発が期待されるという。米国、欧州、中国などでも特許出願中。特許付与で知財基盤が強化され、新薬の収益性が高まるとの観測から買いが入った。

7177  GMO-FH  529  +34
大幅に続伸。20年12月期第1四半期(20年1-3月)の営業利益(速報値)を前年同期比200.2%増の40.48億円と発表。株式等委託売買代金の増加などで受入手数料が増加した。また、店頭デリバティブ取引が好調に推移し、トレーディング損益が増加したことも利益拡大に寄与した。通期予想は非開示。市場のボラティリティー上昇が増益に寄与したとしており、今後も相場の変動が続くとの見方から買いが集まった。

2332  クエスト  967  +58
大幅に4日ぶり反発。20年3月期の営業利益を従来予想の6.89億円から7.36億円(前期実績6.14億円)に上方修正。一方、純利益予想は投資有価証券評価損2.73億円を特別損失として計上し、4.95億円から3.42億円(同4.48億円)に下方修正した。営業利益拡大が評価されているほか、純利益の縮小要因である保有投資有価証券の減損処理は悪材料出尽くしの面もあるとの見方から買い優勢となったようだ。
《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below