May 8, 2020 / 6:47 AM / a month ago

アクアライン Research Memo(2):水まわり修理業界で全国展開大手3社の一角。生活お助けサービスに事業拡大中


*15:42JST アクアライン Research Memo(2):水まわり修理業界で全国展開大手3社の一角。生活お助けサービスに事業拡大中
■会社概要

1. 会社概要
アクアライン6173は、1994年に広島で創業された水まわり緊急修理サービスを中心とする会社である。生活に欠かすことのできない「水」をテーマに、住環境の充実、生活の質の向上に貢献し、ステークホルダー(消費者、従業員、取引先、株主・投資家、社会)にとっての「FIRST BEST」であることを目指している。水まわり緊急修理業界は家屋の築年数経過などを背景に成長しており、同社は全国展開大手3社の一角を占める。“ブルーカラーをIT武装する”事業コンセプトのもと、既存の水道工事業者に対して様々な差別化を行い、サービスレベルを高めた。当初はエリア別の子会社を競わせる方式で全国展開したが、2008年にスケールメリットを生かすために子会社を吸収合併し、本社機能を東京に移した。「水」に関連したミネラルウォーターの販売及びウォーターディスペンサー取扱事業(ミネラルウォーター事業)、業界特性が類似するパーソナルジム事業(ヘルスケア事業)も手掛けている。また、新規事業として生活お助けサービス(鍵の紛失・修理、ハウスクリーニング、リフォーム、PC修理等)を総合的に実施する体制を整え、事業領域の拡大に臨んでいる。2015年8月に業界初の上場(東証マザーズ)を果たした。

2. 事業内容
主力の事業は「水まわり緊急修理サービス事業」であり、全社売上高の84.9%を占める。「水道屋本舗」の屋号で、「水まわりの緊急トラブル・修理」はもちろん「水まわりの製品・関連商品の買い替え」や「水まわりのリフォーム・修繕工事」も手掛ける。「ミネラルウォーター事業」は、「水」に関連して多角化したもので、ミネラルウォーターの販売及びウォーターディスペンサーの取扱いを行っている。全社売上高の14.2%ではあるが、成長率が高く年々その存在感を増してきた。上記2つの事業は、コールセンターとサービススタッフが連携して全国くまなくサービスする事業であり、「人」ビジネスでもある。また2019年2月期から、「ヘルスケア事業」として渋谷と虎ノ門でパーソナルトレーニングジムを運営している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)


《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below