May 8, 2020 / 6:52 AM / 25 days ago

アクアライン Research Memo(7):EPARKレスキューを連結子会社化し、生活サービスポータル事業に進出


*15:47JST アクアライン Research Memo(7):EPARKレスキューを連結子会社化し、生活サービスポータル事業に進出
■中長期の成長戦略

● EPARKレスキューの連結子会社化
アクアライン6173は、2020年3月末にEPARKレスキューの株式を51%取得し、子会社化した。EPARKレスキューの持つインターネット広告及び生活メディア運営のノウハウを活用し、更なる入電件数の獲得と、効率の向上(入電コストの削減)を目指す。EPARKは2007年に創業し、業種別ポータル予約サイト(現在25業種)を運営する同分野の有力企業でEPARKレスキューはその一分野を受け持ち、生活救急サービスを検索できるポータルサイト「EPARKレスキュー」の運営、様々な検索ポータルサイトとの連携を実現した店舗・施設向けホームページサービス「ローカルプレイス(生活救急領域)」の広告販売を行っている。取得価額は594百万円。子会社化のスキーム上、設立は2020年3月6日と新しいが、業務実績は豊富であり、既に黒字化している事業体である。

EPARKレスキューの事業内容の1つの柱が、比較サイトである「EPARKレスキュー」の運営である。生活サービスを探すユーザーへ良質な出張サービスを提供する事業者を紹介する比較検討サイトであり、GoogleやYahoo!で「エリア×キーワード」を検索すると上位(ほぼ1ページ目)に表示される。同社にとっては、入電件数の増加及び販売手数料収入、入電コストの削減が期待できる。

EPARKレスキューの事業内容の2つ目の柱が「ローカルプレイス」事業である。生活救急事業専門の店舗・施設向けに、GoogleやYahoo!等の検索ポータルと連携したSEO対策付きホームページ制作サービスであり、特にエリアを絞った「市区町村×キーワード」等のニッチな自然検索にて威力を発揮する。同社にとっては、入電件数の増加及び販売手数料収入、入電コストの削減が期待できる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)


《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below