May 13, 2020 / 11:43 PM / 3 months ago

ウェルス・マネジメント---20年3月期は大幅な増収、不動産金融事業が好調を維持


*08:34JST ウェルス・マネジメント---20年3月期は大幅な増収、不動産金融事業が好調を維持
ウェルス・マネジメント3772は12日、2020年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比333.8%増の132.20億円、営業利益が同263.3%増の27.08億円、経常利益が同290.2%増の37.32億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同9.5%減の24.26億円となった。
2020年3月期は中期経営計画2020の初年度であったが、2年目の目標数値である「売上高100億円、経常利益35億円、EBITDA (経常利益(利払前)+減価償却費40奥円の水準)」を1年前倒しで達成した。

中長期的な宿泊需要の取り込みと収益基盤の拡大を目的として、子会社のホテルWマネジメントがホテル開発用地として取得した神奈川県足柄下郡箱根町の不動産を外部投資家及び同社が匿名組合出資している特別目的会社に2019年11月に売却したこと、当該特別目的会社よりアセット・マネジメント契約を受託したこと、更に開発規模の拡大を目的として当該土地の隣地を2019年10月及び2019年12月に追加取得し、前述と同じ特別目的会社に2020年3月に売却したこと、また2019年12月に共同投資家と同社が共同で匿名組合出資している持分法適用会社の投資損益を営業外収入で計上したこと等が当連結会計期間の収益に大きく寄与した。

セグメントの業績においては、不動産金融事業の売上高は前期比456.5%増の91.59億円、営業利益は同216.0%増の33.27億円となり、ホテル運営事業の売上高は同148.8%増の48.07億円、営業損失は2.68億円(前年同期は0.79億円の損失)となった。

2021年3月期通期の業績予想については、新型コロナウイルスによる影響を現段階において合理的に算定することが困難だが、ホテル運営事業に関しては宿泊需要の落ち込みが見られることから相応のマイナス影響を受けることが予想される。不動産金融部門の収益でこれを補うことにより、中期経営計画2年目の目標数値の調整が必要かどうか、現在精査を行っており、業績予想の開示が可能となった段階で、速やかに開示するとしている。




《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below