May 14, 2020 / 8:09 AM / 18 days ago

CAICA---CICCのプロトコルを「Counterparty」から「Ethereum」へ移管


*16:59JST CAICA---CICCのプロトコルを「Counterparty」から「Ethereum」へ移管
CAICA2315は13日、2016年10月に発行した暗号資産CAICAコイン(CICC)のプロトコルを、「Counterparty」から「Ethereum」へ移管することを決定したと発表。これに伴い、CICCは、「Counterpartyトークン」から「Ethereum」の「ERC20準拠トークン」へと変換される。

移行決定理由は、Ethereumの送金速度、Ethereum周辺の開発インフラやサードパーティウォレットの充実性、Counterpartyの開発状況や使用状況である。Counterpartyの活発な開発コミュニティは確認できず、Counterpartyを利用する肯定的な側面は小さくなっている。

Ethereumは新しく実験的なプロトコルであるが、ERC20のような比較的単純なコントラクトがアップデートによって深刻な影響を受ける可能性は少ないと予想される。2020年以降の大型のアップデートによる一時的なブロックチェーンの不安定化や交換所での入出金の停止などの事態が発生する可能性はあるが、「ERC20準拠トークン」利用者の不利益になる内容ではないと認識している。

移行後のEthereum上の情報では、CICCの発行上限は300,000,000.00、発行日は、6月12日である。発行アドレスは未定である。

今回の決定は、トークン発行等のために用いるプラットフォームを変更すること以外に大きな変更点はない。各トークンの発行数や交換所での売買可否についての変更はない。変換するための対応は、フィスコ仮想通貨取引所(FCCE)が運営している Zaif Exchangeに委託。今後の案内は、FCCEからZaif Exchangeを通じて開示される。




《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below