May 15, 2020 / 11:16 AM / 3 months ago

カイカ Research Memo(5):仮想通貨関連事業のシステム開発コストは減少のもよう


*20:08JST カイカ Research Memo(5):仮想通貨関連事業のシステム開発コストは減少のもよう
■CAICA2315のセグメント別の業績動向

仮想通貨関連事業は大きくシステム開発と、仮想通貨の投融資運用に分類できる。システム開発に関しては前期までは開発負担が先行していたもののこれが一巡し今期からは回収フェーズに入っている。投融資運用は仮想通貨の相場次第となるが、20年4月末のビットコインの価格は93万円程度で、19年10月末の水準と大きな差はないため波乱要因になる可能性は低いと思われる。
これらのことから19年10月期セグメント利益は約3億円の赤字となったが、20年10月期においては改善が期待される。


金融商品取引事業はコロナショックの影響を受けるものの、CFD取引に期待
金融商品取引事業では、eワラント証券においてカバードワラントの組成販売を行っている。カバードワラントは顧客との相対取引になり、組成者は株式市場での取引価格を元にカバードワラントを組成し顧客に価格を提示するが、相場が急激に変動すると組成費用が想定を上回り、収益性が低下また採算割れとなる可能性がある。コロナ感染の世界的な拡大等の影響に伴う金融市場の混乱等により、トレーディング収益が低迷している可能性はあろう。一方で、4月にCFD取引を新たに提供開始しており、今後の収益源としての期待はある。


(執筆:フィスコアナリスト)



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below