May 18, 2020 / 5:50 AM / 7 days ago

Eストアー---20/3期は減収減益も、M&Aで大型案件への対応能力の整備完了


*14:49JST Eストアー---20/3期は減収減益も、M&Aで大型案件への対応能力の整備完了
Eストアー4304は15日、2020年3月期(19年4月-20年3月)連結決算を発表した。売上高が前期比1.6%減の48.52億円、営業利益が同7.3%減の4.78億円、経常利益が同9.6%減の5.26億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同10.3%減の3.67億円となった。

販促サービス事業の売上高は前期比2.0%増の12.13億円となった。事業の具体的な内容は、コンサルティングやページ制作、宣伝広告などの運営受託の提供であり、サービス強化を図ってきたことで、既存顧客からの継続受注および受注単価上昇を実現。一方、新規大型案件への営業活動において、受注獲得までのリードタイムが計画よりも長いことや、その後の納品も同様に時間を要していることにより、売上計画未達となった。

販売システム事業の売上高は前期比2.7%減の36.05億円となった。ショップサーブ(カート事業:販売システム)は、直販ECに適した優良顧客獲得を進めた。計画どおり累計利用店舗数が減少しているが、1店舗当たりの売上高は前年度比11%と上昇しており、優良顧客へのシフトおよび販促支援が奏功している。また、消費税引き上げに伴う施策として「キャッシュレス・消費者還元事業」に参画していることで、自社決済代行サービスの利用が上昇した。ただ、政府主導によるこのキャッシュレス消費者還元事業は、減収原因となる仕組み(原価にかかわる部分の事業者負担ルール)となっているため、フロウ収益は(計画内で)減少した。ストック売上高は同2.1%減の16.87億円、フロウ売上は同3.3%減の19.18億円となった。

2021年3月期通期の連結業績予想は、子会社化した株式会社コマースニジュウイチ(2020年1月にM&A)と株式会社ウェブクルーエージェンシー(2020年3月にM&A)の業績が加算されるため売上高が前年比118.5%増の106.05億円と大幅に増加する。利益については、6億円程度を創出できるグループ会社となるが、のれん償却や次期は事務所移転を計画しているため営業利益が同43.9%減の2.68億円、経常利益が同37.7%減の3.28億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同37.5%減の2.30億円を見込んでいる。



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below