May 19, 2020 / 6:11 AM / 19 days ago

USENNEX Research Memo(5):ビジネスモデルの進化が感じられる第2四半期業績


*15:05JST USENNEX Research Memo(5):ビジネスモデルの進化が感じられる第2四半期業績
■業績動向

1. 2020年8月期第2四半期の業績動向
2020年8月期第2四半期の業績は、売上高95,330百万円(前年同期比14.1%増)、営業利益5,944百万円(同50.8%増)、経常利益5,103百万円(同51.1%増)、また親会社株主に帰属する四半期純利益2,428百万円(同36.8%増)と大幅増益となった。USEN-NEXT HOLDINGS9418は高成長事業と位置付けるコンテンツ配信事業の取り組みを強化するとともに、店舗向け既存事業では、サービスラインナップを拡充、POSレジなどキャッシュレス決済化や省人化など様々な課題に対応する商品を拡充、業務用システム事業では、先端テクノロジーを駆使した商材を市場投入した。2018年10月1日付で連結子会社化したキャンシステム(みなし取得日は2018年11月30日)の押し上げ効果もあり、これらの結果、第2四半期の通期業績予想に対する利益進捗率は、各段階利益で60%を超えることになった。これは、営業力を背景に月を追うごとに収益が積み上がるという同社の収益的特徴から、通常の第2四半期営業利益予想は通期予想の半分に満たないと想定されるため、2020年8月期第2四半期の営業利益は社内予想を15億円以上超過して着地したと考えられる。非常に好調な決算だったと言えるだろう。その点で、企業全体として2017年の統合のシナジーが顕在化し、収益基盤が整って事業ポートフォリオが機能し始めており、ビジネスモデルとして一段階進化したと言っても過言ではなさそうだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)





《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below