May 22, 2020 / 8:03 AM / 6 days ago

新興市場銘柄ダイジェスト:パピレスは年初来高値、ホープが急騰


*16:58JST 新興市場銘柄ダイジェスト:パピレスは年初来高値、ホープが急騰
6195  ホープ  2868  +254
急騰、上限2.7万株(0.70億円)の自社株買いを実施すると発表している。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は0.5%。取得期間は22日から6月19日まで。資本効率の向上と経営環境に応じた機動的な資本政策を遂行することが目的。

3641  パピレス  2288  +171
年初来高値。21年3月期の営業利益予想を前期比16.9%増の17.91億円と発表している。TVCMを含めた広告施策を実施するほか、販路拡大のために海外向けサービスを強化する。また、競合他社との差別化のため次世代コンテンツの開発などに注力する。併せて発表した20年3月期の営業利益は22.2%減の15.32億円。

9698  クレオ  1298  +94
大幅に3日ぶり反発。23年3月期までの中期経営計画を策定したと発表している。23年3月期の営業利益目標は18.00億円(20年3月期実績は10.44億円)、営業利益率目標は10.0%(同7.1%)。中計の基本方針として、1.事業構造や事業ポートフォリオの転換、2.持続的成長に向けた人財育成・活用、3.変化、リスクに対応できる柔軟な組織、業務プロセスへの変革—を挙げている。

3441  山王  830  -28
朝高後マイナス転換。東京工業大学及び産業技術総合研究所と共同で研究・開発した「水素透過膜及びその製造方法」について、特許を取得したと発表している。高価なパラジウムの使用量を抑制して低コストで水素透過膜を製造することができる。このため、安価な水素精製装置を提供することが可能になるという。水素エネルギー関連分野での実用化が期待されるとしており、将来の利益拡大に資するとの期待が集まったようだ。

4563  アンジェス  1780  +22
大幅に続伸。日本医療研究開発機構(AMED)が公募した創薬支援事業「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」に、アンジェスが大阪大学との共同開発として応募し、採択されたと発表している。研究開発期間は5月-21年3月で、研究費は20億円(直接経費)。AMEDの支援により、新型コロナ感染症向けDNA ワクチンの共同開発を加速化させていくとしている。
《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below