June 1, 2020 / 7:19 AM / a month ago

JBR---あいおいニッセイ同和損保と共同開発した総合住宅サービスを提供開始


*16:14JST JBR---あいおいニッセイ同和損保と共同開発した総合住宅サービスを提供開始
ジャパンベストレスキューシステム(JBR)2453は1日、MS&ADインシュアランスグループホールディングス8725のあいおいニッセイ同和損保と共同開発した住宅設備の延長保証と家賃の減額補償を組み合わせた総合住宅サービス「Asset Warranty」の提供を開始することを発表。

4月1日に施行された民法改正法により、賃貸物件のオーナーは、物件の不具合を知った時点で、早期修繕対応をする義務が生じるようになった。このことを背景に、両社はオーナーの突発的な費用負担と家賃収入の減少に備えるための新たなサービスを創出した。

賃貸物件の住宅設備に対する延長保証サービスとして、JBRの有人コールセンターが24時間365日トラブルに対応、修理回数は無制限、新品交換を含め10万円まで保証、修理会社の手配などの業務はJBRが対応する。設備故障時の家賃減額に対する補償サービスとして、設備等の滅失割合に応じたオーナーの家賃収入減額分をあいおいニッセイ同和損保が補償、入居者に対する家賃減額手続きはJBRが対応する。



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below