June 3, 2020 / 6:13 AM / a month ago

Jストリーム Research Memo(5):ビッグエムズワイ完全子会社化で活気づく制作・システム開発


*15:05JST Jストリーム Research Memo(5):ビッグエムズワイ完全子会社化で活気づく制作・システム開発
■事業内容

4. 制作・システム開発事業/その他の事業
Jストリーム4308は動画配信システムを提供するだけでなく、動画の制作から運用までを、顧客のニーズに合わせトータルプロデュースしている。Webサイトの企画立案からコンテンツ・素材調達に至るまでの制作体制を完備し、さらにグループ子会社の動画制作、Web制作・運用、システム開発などの機能もフルに活用している。六本木の自社スタジオでは、背景を合成するバーチャルセット、ライブ配信に必要な設備、オペレーターを配備し、スタジオのレンタルサービスも行っている。また、機材のない場所でもスタジオと同レベルの動画を制作できる、リモートバーチャルスタジオというサービスもある。同社のエンコードチームは常に最新の端末や配信技術、コーデックを取り入れる一方、短納期や大量の依頼にも対応が可能である。ほかにも、スマートフォン向け高画質動画の編集アプリケーションプラットフォーム「Videolicious」、動画とスライドを連携する「ePreCreator」など、誰でも簡単に動画を制作できるアプリを提供している。

制作・システム開発事業はこのところやや低調であったが、2019年8月のビッグエムズワイの子会社化で活気づいてきた。ビッグエムズワイは、インターネットで医師に医薬情報を提供する「eディテーリング」の黎明期から累計2,000本の映像コンテンツを制作するなど、医療系デジタルコンテンツの制作に強みを持ち、高いシェアを誇っている。近年では、医薬系企業向け顧客管理ソリューション「VeevaCLM(Closed Loop Marketing)」のコンテンツ制作や医療系Webシステムの開発なども行っている。また、その他の事業では、多チャンネル事業者やCATV事業者向けのエンコード設備の輸入・販売やインテグレーション業務、動画広告関連の広告代理業に類するサービスなどを提供している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)





《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below