for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

新興市場銘柄ダイジェスト:FRONTEOは急騰、オンコリスがストップ高


*16:25JST 新興市場銘柄ダイジェスト:FRONTEOは急騰、オンコリスがストップ高
9279  ギフト  1630  +159
急伸。5月の既存店売上高が前年同月比9.9%減だったと発表している。前月(24.4%減)から減少幅が縮小した。客数は16.0%減(前月29.1%減)、客単価は7.4%増(同6.7%増)。全店ベースの売上高は16.0%増(同7.5%減)とプラスに転換した。月前半は外出自粛などの影響で顧客の来店頻度が低下したが、後半は緊急事態宣言の解除を受けて来店頻度が高まり、売上高の改善に寄与した。

7325  アイリック  1202  -71
急落。新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、20年6月期の株主優待制度を変更すると発表している。保有株式数に応じて進呈する株主優待ポイントを従来の5000-4万ポイントから3000-1万ポイントに変える。6月30日現在の株主が対象。優待ポイントの減額が嫌気されていることに加え、株価が25日移動平均線を下抜けたことも売り圧力を強めているもよう。

4588  オンコリス  2086  +400
ストップ高、1月27日につけた年初来高値を更新している。がんのウイルス療法テロメライシン(OBP-301)に関し、米国食品医薬品局から食道がんに対する「オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)指定」の通知を2日に受領したと発表している。指定により補助金が支給されるほか、臨床研究費用の税額控除などの優遇処置が受けられる。また、承認後7年間は先発権保護が与えられ、市場独占権を享受できるとしている。

4699  ウチダエスコ  5400  +705
ストップ高。前日の引け後に20年7月期第3四半期決算を発表、累計営業利益は前年同期比183.8%増の15.39億円と通期計画の13.00億円を上振れている。学校市場向けタブレット型端末販売などが堅調でICTサービス事業が伸長。また、オフィスシステム事業が好調だったほか、ソリューションサービス事業が黒字に転換したことも増益に寄与した。

2158  FRONTEO  956  +146
急騰。医薬品開発を手掛ける共和薬品工業(大阪市)と認知症診断支援AIシステム(医療機器)に関する事業提携契約を締結したと発表している。共和薬品が有する精神科領域での経験や販売力とFRONTEOが持つAIテクノロジーなどを生かし、システムの価値最大化に努める。共和薬品はFRONTEOに契約一時金やマイルストンのほか、売上に基づくロイヤリティを支払う。FRONTEOは共和薬品に最終製品を供給する。
《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up