June 5, 2020 / 6:22 AM / a month ago

C&R社 Research Memo(9):2021年2月期は新型コロナウイルスの影響が懸念されるものの増収増益を目指す


*15:19JST C&R社 Research Memo(9):2021年2月期は新型コロナウイルスの影響が懸念されるものの増収増益を目指す
■業績見通し

1. 2021年2月期の業績見通し
クリーク・アンド・リバー社4763の2021年2月期の連結業績は、売上高で前期比21.4%増の40,000百万円、営業利益で同24.8%増の2,600百万円、経常利益で同23.6%増の2,600百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同17.7%増の1,600百万円と2ケタ増収増益を見込む。売上高は11期連続増収となるが、当期より韓国のCREEK & RIVER ENTERTAINMENTを連結対象子会社として加えることで約37億円の増収要因となっており、この影響を除いた既存事業の増収率は10%増となる。

利益面では増収効果に加えて、韓国ゲーム事業及び「パレットパレード」の損失分がなくなることで248百万円の増益要因となる。また、新規事業・新規サービス子会社の収益状況もVR Japanを除いて改善が進む見通しであり、売上高が計画通りに推移すれば達成可能な水準と言える。なお、新たな取り組みとして、CXOやアスリートを対象としたエージェンシー事業も開始する。戦略投資としては前期の605百万円から今期は300~400百万円に縮小する見込みとなっている。

今回の業績見通しでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響について織り込んでいない。4月までの影響について見ると、アパレル店舗の休業によって派遣サービスを行っているインター・ベルの売上げが落ち込んでいるほか、医療分野で学生向けの合同説明会「レジナビフェア」の開催が3月以降、6月まで中止することが決まっている。テレビ番組の収録が中止・延期されているが、現時点では大きな影響は無い見込みだ。一方、ゲームやIT、電子書籍・YouTube、医療(イベント除く)、会計・法曹などの分野についても現時点では影響は大きくなく、全体業績から見れば影響は軽微と思われる。ただ、感染拡大により緊急事態宣言の解除が長引くようだと、全体の業績にもマイナスの影響を及ぼす可能性はある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below