for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

タマホーム---改正外為法におけるコア業種事業からコア業種以外の事業に区分変更


*10:22JST タマホーム---改正外為法におけるコア業種事業からコア業種以外の事業に区分変更
タマホーム
1419は5日、改正外為法における「指定業種のうち、コア業種に属する事業を営んでいる会社」から「指定業種のうち、コア業種以外の事業のみを営んでいる会社」に区分変更されたことが、財務省の対内直接投資等事前届出該当性リストの更新によって明らかとなった。

対内直接投資等事前届出該当性リストは改正外為法が施行された5月8日に初めて公表されたが、その後、一部の上場企業から追加的回答があり更新された。

今回の外為法改正は、経済の健全な発展につながる対内直接投資を一層促進するとともに、国の安全等を損なう恐れがある投資に適切に対応することを目指している。包括免除の対象となる外国金融機関および一般投資家(認証を受けたソブリン・ウェルス・ファンド等を含む)が、同社を含む「指定業種のうち、コア業種以外の事業のみを営んでいる会社」に投資する際は事前届出は免除されることになる。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up