for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

新興市場銘柄ダイジェスト:セリアは大幅反発、MRTが急伸


*16:08JST 新興市場銘柄ダイジェスト:セリアは大幅反発、MRTが急伸
1447  ITbookHD  538  +39
急伸。21年3月期の営業利益予想を前期比108.2%増の3.24億円と発表している。既存の子会社間のシナジー効果で収益基盤の構築と収益力の向上に注力する。また、M&Aも視野に入れた事業規模の拡大に加え、外国人材受入事業など新規事業の早期収益化を目指す。20年3月期の営業利益は139.3%増の1.55億円で着地した。

6666  リバーエレテク  583  +40
一時ストップ高。使用温度200℃に対応したGTカット水晶発振器「GTXO-04」を開発し、生産を開始したと発表している。エアロスペースや自動車のエンジンルーム周辺、通信基地局など過酷な温度環境で周波数誤差が許されない機器への供給を目指す。マイナス40℃から200℃までの温度範囲で周波数精度を実現できるほか、7.9MHz-1124MHzの出力周波数に対応している。

6034  MRT  1525  +120
急伸。塩野義製薬
4507と「新型コロナウイルスIgG/IgM抗体検出キット」の販売契約を締結したと発表している。同キットはヒト血清、血漿、あるいは全血中の新型コロナに対するIgG/IgM抗体を簡便な操作で検出できるという。体外診断用医薬品として承認されていないため、塩野義製薬は研究用試薬として販売する。20年12月期業績(営業利益予想は2.50億円)に与える影響は精査中としている。

4824  メディアシーク  604  -31
大幅反落。20年7月期の営業損益を従来予想の1.06億円の黒字から0.29億円の赤字(前期実績1.28億円の赤字)に下方修正している。新型コロナウイルスの影響で、複数の国内法人企業向けシステム受託開発プロジェクトで売上が当初見込みより減少するとみられるため。また、コンシューマー事業でも広告売上が減少し、赤字の要因となる見通し。

3927  Fーブレイン  2020  +54
6日ぶり反発。1月27日付で発行した第11回新株予約権の権利行使が完了したと発表している。発行総数は1万0490個で、調達資金は約10.02億円(差引手取概算額)だった。資金調達完了に伴い、株式交付費として概算0.19億円を21年3月期第1四半期(20年4-6月)の営業外費用に計上する。権利行使完了で株式価値の希薄化懸念が払拭され、買いが広がっているようだ。

2782  セリア  3670  +145
大幅反発。5月の既存店売上高が前年同月比8.3%増になったと発表している。前月の2.7%減からプラスに転換した。客数は0.3%増(前月6.5%減)、客単価は8.0%増(同4.0%増)だった。全社ベースの売上高は12.5%増(同4.3%増)。売上高の改善が好感されていることに加え、5月12日に付けた年初来高値(3745円)が視野に入ってきたことも買いを後押ししているようだ。
《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up