June 9, 2020 / 1:19 PM / a month ago

萩原工業---2Q増益、合成樹脂加工製品事業の利益は2ケタ増


*22:14JST 萩原工業---2Q増益、合成樹脂加工製品事業の利益は2ケタ増
萩原工業7856は8日、2020年10月期第2四半期(19年11月-20年4月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比4.3%減の141.50億円、営業利益が同9.2%増の14.21億円、経常利益が同31.1%増の16.56億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同31.3%増の11.39億円となった。

合成樹脂加工製品事業の売上高は前年同期比2.1%減の115.89億円、営業利益は同21.5%増の11.32億円となった。新型コロナウイルスの影響で資材確保の動きが見られたシート関連、粘着テープ用基材及びコンクリート補強繊維「バルチップ」などが好調だった。一方、需要が低迷した海外向けラミネートクロスや、国内外の荷動き鈍化の影響を受けたフレキシブルコンテナバッグなどが不調で、全体としては減収に終わった。インドネシア子会社のハギハラ・ウエストジャワ・インダストリーズは通常通りに稼働、中国子会社の青島萩原工業有限公司は、新型コロナウイルスの影響で春節明けの稼働開始が遅れたがその後生産は回復している。国内子会社の東洋平成ポリマーは、堅調に推移した。

機械製品事業の売上高は前年同期比13.2%減の25.60億円、営業利益は同21.7%減の2.89億円となった。主力製品のスリッター関連機器は、国内では引き続きキャッシュレス普及に関する需要があった紙関係は好調だったが、その他製品は、外出制限等の影響で納品ができない案件が発生し、全体では減収となった。

2020年10月期通期については、同日、業績予想の修正を発表した。売上高が前期比4.5%減(前回予想より27.00億円減)の283.00億円、営業利益が同10.1%減(同2.50億円減)の24.50億円、経常利益が同4.2%減(同2.70億円減)の27.30億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同8.7%減(同2.50億円減)の18.40億円としている。新型コロナウイルスの感染状況が現状以上に悪化せず、国内外の移動制限が徐々に緩和の方向に進みながらも、今期中は影響が残ることを前提としている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below