June 10, 2020 / 5:50 AM / a month ago

クシム---上場企業向けハイブリッド型バーチャル株主総会支援業務を展開


*14:41JST クシム---上場企業向けハイブリッド型バーチャル株主総会支援業務を展開
クシム2345は9日、フィスコ3807とCAICA2315の子会社CAICAテクノロジーズと協業し、上場企業向けハイブリッド型バーチャル株主総会支援業務を展開すると発表。
非常事態宣言が解除され、新型コロナウイルス感染者数もピーク時から減少したものの、第二波・第三波のリスクを専門家は提唱している。今後も引き続き新型コロナウイルスに対する予防措置が求められている。
こういった環境ではあるが、企業と株主・投資家が対話を行うことは重要であり、株主総会の開催も例外ではない。
個人投資家の株主総会への参加目的は、代表者のビジョンや経営方針を直接聞きたいことが多く、バーチャル株主総会に出席することでそれが可能となる。一方、議決権の行使も可能とされている出席型のバーチャル株主総会はセキュリティシステムしかり、相応の導入コストが必要となる。
今回の提携では、参加型のバーチャル株主総会開催を検討する上場会社の課題に注目し、課題解決の一手にすることに狙いを定めている。
クシム2345とフィスコ3807は、今回の提携強化をきっかけに、会社法における議決権行使の在り方に関する枠組みが近い未来に改正されることを見据え、透明性と堅牢性に秀でているブロックチェーン技術を活用し、デジタル時代に相応の議決権行使プラットフォームを構想している。 またこの開発にCAICAも協力する予定となっている。



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below