for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

テラスカイ--SMBCグループの「テレワーク導入支援プログラム」の対象サービスに「mitoco」が指定される


*19:44JST テラスカイ--SMBCグループの「テレワーク導入支援プログラム」の対象サービスに「mitoco」が指定される
テラスカイ
3915は9日、三井住友フィナンシャルグループ8316 (以下、SMBC グループ)、三井住友銀行(以下、SMBC)が6月12日より開始する、「テレワーク導入支援プログラム」において、同社の提供するサービス「mitoco」(ミトコ)が対象支援サービス4つの中の1つに指定されたことを発表。

「テレワーク導入支援プログラム」は、2020年5月に厚生労働省が公表した「新しい生活様式」における「働き方の新しいスタイル」を受けて、SMBCグループおよびSMBCが、テレワーク導入を進める国内中堅・中小企業を支援する企画。本プログラムの主旨に賛同する事業者のサービスをSMBCグループの取引先が導入した際に、当該サービスにかかる初年度の費用の一部を SMBC が負担する。 今般の支援プログラムでは、「mitoco」と共に、オンライン商談システムの「bellFace」やビジネスチャットの「Chatwork」、電子契約システムの「SMBCクラウドサイン」の3つが対象サービスに指定されている。
mitocoはクラウド時代のニーズとテクノロジーを基に開発したコミュニケーション・プラットフォームであり、テレワーク中に活用できるスケジュール管理、電子稟議、ファイル共有等の統合社内システムとして、支援対象サービスに指定されている。同社は「mitoco」を通じて、SMBCグループや他の賛同企業とともに、テレワーク中の快適な業務遂行を支えていく考え。






《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up