June 15, 2020 / 7:18 AM / a month ago

ネクスグループ Research Memo(3):IoT関連事業は増加するテレワークが業績を後押し


*16:13JST ネクスグループ Research Memo(3):IoT関連事業は増加するテレワークが業績を後押し
ネクスグループ6634のIoT関連事業売上高の約70%がUSBドングル(携帯電話回線をUSBインターフェースを介してデータ通信する端末)の販売による。USBドングルは、パソコンにUSB接続すればインターネットにアクセスでき、ATMのバックアップ回線やゲーム機器、デジタルサイネージなどの汎用通信モジュールとしても利用されている。
国内BtoB領域のUSBドングルでは同社が最大のシェアを有し、NTTグループ、加賀電子などが主な販売先となる。

19年11月からはNTTドコモでも取り扱いが開始されている。USBドングルの製造は中国の下請け企業で行っており、新型コロナの影響で2月頃には調達が停滞する時期もあったが、現在は仕入れは問題なくできるようになっている。需要面ではテレワークによりUSBドングルのニーズが増加しており、足元の販売状況は好調である。中長期的にも5G対応製品への買い替え需要や、19年8月からは米政府機関が華為技術(Huawei)や中興通訊(ZTE)を含む中国系通信機器メーカー5社からの調達を禁ずる措置を発効しており、これらメーカーの部品を利用していない同社製品のニーズは増しており、今後2~3年販売は拡大傾向が続くと思われる。

このほか、5月には子会社ケア・ダイナミクスの株式を譲渡し、72百万円を受領した。この資金については、次世代通信規格5G関連製品の開発および、エッジAI端末「NCXX AI BOX」の開発に投下し、テレワーク拡大を着実に成長機会に結び付けられるよう商品・サービスの強化を図っている。

(執筆:フィスコアナリスト)


《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below