June 15, 2020 / 1:33 AM / a month ago

今週のマーケット展望「過熱感払拭で相場はここから仕切り直し」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)


*10:26JST 今週のマーケット展望「過熱感払拭で相場はここから仕切り直し」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)
皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。先週後半は日経平均が大きく下げ、ハラハラしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。このままどこまで調整するのか、気になりますよね。

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、6月15日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。

広木さんは、まず先週金曜日の日本株相場について、『米国市場の急落を受け大幅続落で始まったが、午後は急速に持ち直して結局167円安で終え、買い遅れている投資家の押し目買い意欲の旺盛さをうかがわせる展開となった』と伝えています。『日経平均の200日移動平均が意識された面もある』とのことです。

また、『日経新聞に書いてあった通り、25日移動平均からの乖離(かいり)率が3.83%となり、過熱の目安とされる5%を5月25日以来、約3週間ぶりに下回った』とも言及。

『SQも過ぎ、需給要因もいったんリセットされる中、テクニカル面の過熱感も払しょくされた。 相場は、ここから仕切り直しの局面に入る。では再び、すぐに上昇基調が強まるかと言えば、しばらく小休止だろう。理由は米国株がここでいったん頭打ちとなりそうだからだ』と広木さんはみています。

加えて、『S&P500は先週初め、昨年末の終値を上回り、年初来リターンがプラスに浮上した。戻り相場に目標達成感が台頭してもおかしくはないくらいの水準に戻った』としています。

そして、『それ以上に重要なのがバリュエーション的に目先の上限に達したということである』と伝えています。

これについて、『Bloombergの1年先ブレンドPERでS&P500のPERは一時22倍を超えた』とし、『これだけでは判断できないが、金利対比のバリュエーションであるイールドスプレッドを見ると3.5%に接近したことがわかる。株式益利回りが高まらない一方、雇用統計はじめ経済指標の改善を受けて金利が急上昇した。それでスプレッドが急に縮んだのである』と解説しています。

さらに、『これまでの「分水嶺」は3%だった』として、『しかし、2018年にこの「3%割れ⇒急落」というパターンを2月のVIXと10月からブラック・クリスマスへと向かう急落と2回も繰り返したことから、それ以降は市場が要求するプレミアムが増し3.5%がイールドスプレッドの下限となっていた。先週急落する前はこの3.5%に急接近。S&P500が史上最高値をつけた2/19でさえ3.67%だったので、バリュエーション的には最高値を越える水準にまで高くなっていたというわけだ』と説明しています。

広木さんは、『株価の急落とともに長期金利も低下し、現在のレベルなら問題はない。しかし、再び金利か株価かどちらか(または両方とも)上昇するとなると、バリュエーション面の均衡が崩れる』と示唆。『よって米国株はここでしばらくホバリングを続ける必要があるだろう』と考察しています。

その上、『短期的なことをいうと、S&P500はチャート上のクリティカル・ポイントにある。先週木曜日の急落は25日・200日線上で止まったが、翌日も戻し切れていない。ここから明確に切り返せないと、もっと底値模索の展開となる公算が高く警戒したい』と見解を述べています。

今週の重要イベントについては、『15、16日に開催される日銀の金融政策決定会合。大きな政策変更はないが、なにかしらの「小出し」的なアクションはあるかもしれない』と予想。今週発表の指標については、『中国の5月の小売売上高、鉱工業生産や米国の5月の小売売上高、6月のフィラデルフィア連銀製造業景況感指数など。特にフィリーは振れが大きいので注視したい』としています。

なお、『リスク要因は香港をめぐる米中の対立激化と北朝鮮。北朝鮮の外務省高官が非核化は消えたなどと発言しており、今後の展開がやや懸念される』と指摘しています。

最後に、今週の予想レンジについて『2万1900 -2万2800円とする』としています。

参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ



《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below