for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ADワークスグループ---20年12月期の連結業績計画を発表、潤沢な資金をもとに積極的な仕入れを展開


*08:29JST ADワークスグループ---20年12月期の連結業績計画を発表、潤沢な資金をもとに積極的な仕入れを展開
ADワークスグループ
2982は11日、2020年3月期連結決算を発表した。売上高24,687百万円(通期計画達成率95.0%)EBITDA1,470百万円(同110.6%)、経常利益932百万円(同111.1%)、当期純利益625百万円(同109.7%)となり、当初の計画に対して、利益面では全ての段階利益で計画を上回って着地した。新型コロナウイルスの影響はほぼ受けなかった模様だ。

同時に2020年12月期の連結業績計画も発表された。決算期変更により今期は9ヵ月決算となることに加え、緊急事態宣言下の約2ヵ月間は対面での営業活動を自粛したため、実質7ヵ月の事業活動となる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が多方面に出てくることが予測されるため、計画の前提を「2020年6月から7月にかけ厳選した収益不動産に限り需給ともに動きが出始め、夏から秋にかけてさらにそうした動向が活発化する」と置いたという。具体的には、潤沢な資金をもとに積極的な仕入れを展開するとしている。


売上高16,000百万円、EBITDA680百万円、経常利益400百万円、親会社株主に帰属する当期純利益255百万円と、弊社では実質減収減益ながら決して低くない計画と見ている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up