June 19, 2020 / 6:24 AM / 16 days ago

ネットイヤ Research Memo(5):2021年3月期業績見通しは未定に


*15:15JST ネットイヤ Research Memo(5):2021年3月期業績見通しは未定に
■ネットイヤーグループ3622の今後の見通し

1. 2021年3月期の業績見通し
2021年3月期の業績見通しについては、新型コロナウイルス感染症による影響を合理的に算定することが困難なため、未定としている。4月~5月の影響について見ると、イベント出展やセミナーの中止などにより、見込み客の獲得が滞ったほか、商談が先送りになるなど一部の業界からの引き合いが冷え込んだものの、既存顧客との商談についてはWeb会議ツールを使って行われるなどにより特段の支障は出ていない。全体的には既存顧客の占める比率が高いためマイナス影響は大きくないが、今後、顧客側で投資計画を縮小したり、延期するケースが出てくる可能性はある。ただ、企業のデジタルトランスフォーメーションの動きは今後も続く見通しで、「新たな生活様式」が求められるなかで、オウンドメディアを活用したマーケティング施策の重要性は一段と増してくるものと思われることから、中長期的な視点で見れば需要は拡大傾向が続くものと予想される。

一方、トライバルメディアハウスについて見ると、4月の売上げについては順調だったものの、受注状況は厳しく、前年を下回る水準で推移したようだ。リアルイベントとSNSを組み合わせた販売プロモーション施策を得意としているが、リアルイベントが開催できず、案件そのものが中止となるケースが出ている。ただ、売上高の約半分はTwitterのアカウント運用であり、こちらは堅調に推移しているものと見られる。イベントについては緊急事態宣言の解除に伴い、6月以降徐々に開催される見通しであり、それにつれて同社の収益も回復に向かうものと予想される。

なお、同社の連結業績は直近5年間の傾向として、第1四半期が収益の底で、第4四半期に売上げ、利益が偏重する季節性がある。検収時期が期末に集中することによるものだが、2021年3月期は第1四半期の損失が拡大し、この傾向がより一段と強まる可能性が高い。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below