June 19, 2020 / 4:53 AM / 23 days ago

アンジェス---大阪大学と共同開発のCOVID-19向けDNAワクチンの製造にシオノギファーマが参画


*13:47JST アンジェス---大阪大学と共同開発のCOVID-19向けDNAワクチンの製造にシオノギファーマが参画
アンジェス4563は18日、プラスミドDNA製造技術を用いた新型コロナウイルス感染症向け予防用DNAワクチンの大阪大学との共同開発および製造において、新たにシオノギファーマが中間体の分担製造でタカラバイオ4974の協力体制に加わることを発表。

製造はプラスミドDNAの製造技術と製造設備を有するタカラバイオが担当。すでにAGCBiologicsが中間体の分担製造とCytivaが精製用資材の優先的な供給で協力体制に参画している。今夏より開始を予定している臨床試験と並行して準備を進め、2021年3月末までの20万人分のワクチン製造および、その後の大量生産体制の確立を図る。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below