for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

新日本製薬 Research Memo(6):化粧品の売上拡大による増収効果とFFコスト削減による効率化が貢献


*15:46JST 新日本製薬 Research Memo(6):化粧品の売上拡大による増収効果とFFコスト削減による効率化が貢献
■業績動向

2. 営業利益増減要因
新日本製薬
4931の化粧品の売上拡大による増収効果(1.6億円)とFFコスト※削減による効率化(3.9億円)が営業増益に貢献している。広告宣伝費などのマーケティング投資は、売上拡大に向けて上期に積極的に実施した一方、2020年9月期第3四半期には消費者動向を見極めるため一時的に抑制した結果、前年同期比1.7億円増加しているが、通期計画に対する進捗率は69.5%とコントロールされている。またFFコストは送料有料化施策による発送配達費の削減と、決済方法の切り替え誘導による決済手数料の削減が起因し前年同期比13.1%減、コールセンターコストは同5.8%減と、おおむね予定通りに効率化が進んでいる。営業利益は前年同期とほぼ同等の着地であった。

※ FFコスト(フルフィルメントコスト):通信販売において、受注から配送まで(梱包、発送、代金回収など)の一連の業務全体にかかるコストを指す。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 村瀬 智一)


《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up