for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

インテリックス---リースバック資産の流動化、信託受益権を譲渡


*11:47JST インテリックス---リースバック資産の流動化、信託受益権を譲渡
インテリックス
8940は18日、同社のリースバックサービス「安住売却(あんばい)」により取得した物件の流動化を目的に、ファンドである合同会社あんばいLB1号に当該信託受益権を譲渡することを発表。

リースバックサービス「安住売却(あんばい)」は「自宅を売却してもそのまま住み続けられる」という新たな選択肢を提供し、様々な資金ニーズに応えている。リースバック事業が中長期での成長分野であると位置付け、取得件数の拡充に努めている。今般のリースバック物件の資産流動化により、収益化戦略の多様化を図るとともに、資産の効率的な活用ならびに財務健全化の促進を実現していくとしている。

なお、譲渡資産(信託受益権)は首都圏・近畿圏などの戸建住宅・区分所有建物68件。譲渡価格は19.41億円、帳簿価格は16.32億円、譲渡日は2020年9月30日を予定している。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up