for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アウトソシング Research Memo(7):業種分散効果や海外でのロックダウン解除等によりリスクは限定的(2)


*15:47JST アウトソシング Research Memo(7):業種分散効果や海外でのロックダウン解除等によりリスクは限定的(2)
■アウトソーシング
2427の決算概要

3. 2020年12月期上期業績の総括
上期業績を総括すると、想定外のコロナ禍の影響が業績全体のマイナスに作用したものの、事業別に見るとそれぞれ状況が違っていることに注意が必要である。すなわち、おおまかに分類すると、「国内技術系」は堅調推移、「国内製造系」は厳しい状況、「国内系サービス」は好調継続、「海外技術系」は一旦落ち込んだものの回復傾向、「海外製造系及びサービス系」は製造系が厳しいが、サービス系はネガティブ・ポジティブ両面での影響を受けたという捉え方ができる。したがって、これまで取り組んできた景気変動の影響を受けにくい事業の推進やグローバル規模で業種分散を進めてきたことが、コロナ禍においても、ダウンサイドリスクを限定的に抑える方向に働いたものと評価できる。また、今後に向けても、ロックダウン解除後の本格再開に向けた動きや、リモート対応などwithコロナを見据えた体制整備、好調分野へのシフト、業界淘汰への対応(準備・検討)など、成長軌道に戻すための施策を進めているところは評価すべきポイントと言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up