for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ケネディクス Research Memo(6):2020年12月期は、下期での巻き返しにより高い業績水準を継続する見通し


*15:06JST ケネディクス Research Memo(6):2020年12月期は、下期での巻き返しにより高い業績水準を継続する見通し
■業績見通し

2020年12月期の業績予想についてケネディクス
4321は、期初予想を据え置き、営業総利益を前期比1.8%増の23,800百万円、営業利益を同0.4%増の16,000百万円、経常利益を同3.5%増の16,400百万円、親会社株主に帰属する当期純利益を同7.7%増の11,500百万円とすべての段階利益で増益を見込んでおり、安定収益を軸として高い業績水準を継続する見通しである。

営業総利益は、引き続きアセットマネジメントフィーを中心とする安定収益の伸びが増益に寄与する見通しである。コロナ禍の影響により、上期までの業績の進捗に遅れがあったものの、アセットマネジメント事業が堅調に推移していることに加え、不動産投資事業についても、不動産取引の本格再開に伴う物件売却やファンド組成により、上期での出遅れ分をカバーする想定となっている。

弊社でも、安定収益が順調に伸びていることや、不動産売却益獲得の遅れについても、単にタイミングの問題であり、保有物件の価格的な下げ圧力を受けていないことから、本格的な活動再開とともに挽回可能であると判断している。一方、マスターリース損益(ホテル及びサービスアパートメントの運用)の下振れについては、厳しい状況が続くものと想定されるが、同社業績全体への影響は限定的であり、不動産売却益の獲得等により補える範囲であるとみている。引き続き、コロナ禍に伴う市場環境の変化(特に、アセットクラスごとの需給動向など)には注意が必要であるが、銀行の融資姿勢や旺盛な投資家ニーズには変化は見られず、AUMの持続的な成長に向けて新規投資(パイプライン)をいかに積み上げていくのかに注目したい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up