for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

大幸薬品 Research Memo(3):年内に新工場を稼働させ、「クレベリン 置き型」の生産能力を約10倍に増強


*08:03JST 大幸薬品 Research Memo(3):年内に新工場を稼働させ、「クレベリン 置き型」の生産能力を約10倍に増強
■トピックス

大幸薬品
4574は、需要が拡大する「クレベリン 置き型」の生産能力を2020年12月までに前年同期比で約10倍にする計画である。2020年秋以降は、新型コロナウイルス感染症の第二波、第三波、さらにはインフルエンザの流行の可能性があるなか、消費者の衛生管理意識が高まっており、「クレベリン」のさらなる需要拡大が予測される。一方で、2020年6月に主力の京都工場の生産体制を見直し、前年同期比で約3倍の生産能力を実現したものの、品薄状況が一部で続いていた。新工場の立地は、大阪府茨木市。既存の物件を改装することにより早期の稼働開始を目指す。また、最新鋭の自動化設備を導入することにより、生産に伴う単位あたり人件費の低減も見込まれる。設備投資額は約20億円を計画。新工場が稼働すれば、現状の品薄状態を解消するとともに、業務用市場や海外市場への拡大にもはずみがつくことになる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)




《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up