for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

テックファム Research Memo(3):2020年6月期は新型コロナウイルス感染症の影響等もあり減収減益に転じる


*15:03JST テックファム Research Memo(3):2020年6月期は新型コロナウイルス感染症の影響等もあり減収減益に転じる
■業績動向

1. 2020年6月期の業績概要
テックファームホールディングス
3625の2020年6月期の連結業績は、売上高で前期比4.3%減の6,311百万円、営業利益で同69.5%減の219百万円、経常利益で同68.4%減の226百万円、親会社株主に帰属する当期純損失で492百万円(前期は16百万円の損失)となり、売上高は11期振り、営業利益は4期ぶりの減収減益に転じた。

主力のICTソリューション事業が、NTTドコモからの大型プロジェクト一巡に加えて、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で新規プロジェクトの商談延伸が発生したことにより減収減益となったほか、自動車アフターマーケット事業や農水産物輸出ソリューション事業でも、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で営業活動の制限を余儀なくされ、それぞれ収益が悪化したことも減収減益要因となった。

なお、最終損失が拡大した要因は、新型コロナウイルス感染症拡大の長期化による影響を慎重に見積もり、農水産物輸出ソリューション事業を展開するWe Agriののれん残高590百万円を保守的に減損処理し、特別損失として計上したことが要因となっている(前期の特別損失は、EBEののれん残高612百万円の一括減損処理が主な要因)。

会社計画比でも売上高、利益ともに未達となったが、これは新型コロナウイルス感染症拡大による影響に加えて、自動車アフターマーケット事業において販売を予定していた部品商向け業務支援システムの開発が遅延したこと、農水産物輸出ソリューション事業においても輸出プラットフォーム(受発注システム等)の開発が遅延し、当初の想定を上回る開発費が掛かったことも一因となっている。こうしたグループ内での開発遅延によって、ICTソリューション事業の開発要員がこれらの開発に充当されたことも、ICTソリューション事業の収益悪化の一因となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up