for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

昭和産 Research Memo(3):「中期経営計画20-22」の2023年3月期の売上高目標は2,800億円


*15:33JST 昭和産 Research Memo(3):「中期経営計画20-22」の2023年3月期の売上高目標は2,800億円
■中長期の成長戦略

1. 2nd Stage「中期経営計画20-22」
同社グループは、昭和産業
200490周年を迎える2025年度のありたい姿(長期ビジョン)「SHOWA Next Stage for 2025」(2017−2025年度の9年間)を策定し、3次にわたり中期経営計画を展開している。2020年4月より2nd Stageである「中期経営計画20-22」を進めており、基本方針は「“確立”基盤事業の盤石化と成長事業の育成」、基本コンセプトは「SHOWA new Value Creation ~SHOWAだからできる新たな価値とは」である。「中期経営計画20-22」の経営指標としては、2023年3月期の売上高目標を2,800億円(2020年3月期実績2,540憶円)、経常利益130億円(同101億円)を目標としており、伸長率は売上高が110.2%、経常利益が128.0%とした。また、ROEは9.0%以上(同8.0%)を目標としている。

2. 積極的なM&A(合併・買収)を通じた事業領域の拡大に動く
同社は、積極的なM&A(合併・買収)を通じた事業領域の拡大に動いている。その一環として、5月には米油大手のボーソー油脂(株)に対して完全子会社化を目的にTOB(株式公開買い付け)を発表し、7月に完了している。

また、サンエイ糖化(株)の株式を親会社の三井物産(株)
8031より全て取得し、完全子会社化する予定となっている。株式譲渡実行日は、公正取引委員会による審査及び法律で定められた一定期間を経て、1ヶ月以内を見込んでいる。中期経営計画の一環として、製造拠点を増やし、生産力を向上させる狙いがある。サンエイ糖化(株)の結晶ブドウ糖は、食品・医薬用で約6割の国内シェアを占めており、同社とのシナジーが期待される。サンエイ糖化(株)の2020年3月期の売上高は146億円だった。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)


《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up