for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

新興市場銘柄ダイジェスト:エーアイは急騰し年初来高値、アサカ理研がストップ高


*16:06JST 新興市場銘柄ダイジェスト:エーアイは急騰し年初来高値、アサカ理研がストップ高
9903  カンセキ  3485  +110
大幅反発。21年2月期営業利益を従来予想の17.70億円から24.20億円(前期実績17.44億円)に上方修正している。ホームセンター事業で新型コロナウイルス感染対策として殺菌消毒・衛生用品などが集中して買われたほか、DIY関連商品や園芸用品の需要が高まったことなども利益を押し上げる見通し。年間配当も従来予想の15円から20円に増額。

6597  HPCシステムズ  2788  +173
大幅反発。アズワン
7476の総合検索サイト・WEBショップ「AXEL」で同社製品・サービスの販売が開始されたことを発表。計算科学分野の最先端技術がeコマース商品として販売されるのは画期的としている。同社はアズワンとの資本業務提携を4月9日に開示済み。今後、物販だけではなく研究・開発に欠かせない新サービスの提供を計画しているという。

4428  シノプス  1845  +141
急反発。東京都が公募する「ICT等を活用した先進的な食品ロス削減」事業に採択されたと発表。クラウド型の自動発注を中心とした需要予測サービス「sinops-CLOUD」を活用し、サプライチェーン全体での食品ロス削減を目指す実証実験を行う。

5724  アサカ理研  1649  +300
ストップ高。一部メディアが「電気自動車(EV)などに使われるリチウムイオン電池から、リチウムやニッケルなどの金属を回収する事業に参入する」と報じ、買い材料視されている。報道によると、約10億円を投じて処理設備を建設し、22年稼働を目指すという。

3035  KTK  338  -38
急落。先週末の引け後に21年8月期業績予想を公表、営業利益が前期比15.3%減の2.69億円と2ケタ減益を見込むことが嫌気されているもよう。新型コロナウイルスの影響が続くほか、事業継続のための設備投資や人材育成の実施などで減益となる見通し。なお、20年8月期決算は営業利益が同11.0%増の3.17億円で着地している。

4388  エーアイ  3350  +404
急騰し年初来高値。オリジナル音声合成辞書作成サービス「AITalk CustomVoice」が喜び・怒り・悲しみの感情音声合成に対応すると発表している。AITalk5の「コーパスベース音声合成方式」を活用し、感情を込めた収録音声を波形接続することで実現した。WEBキャンペーンやスマートフォンのアプリなど様々な活用シーンで、表情豊かな音声合成を利用することが可能になるという。
《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up