for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

サカタインクス Research Memo(2):創業以来120年以上の歴史を誇る世界3位の大手印刷インキメーカー


*15:42JST サカタインクス Research Memo(2):創業以来120年以上の歴史を誇る世界3位の大手印刷インキメーカー
■会社概要

1. 会社概要
サカタインクス
4633は1896年創業以来、120年以上の歴史を誇る世界3位の大手印刷インキメーカーである。印刷インキ事業をコアとして、120年以上の歴史の中で培われた環境配慮型高機能・高付加価値製品の開発力・品ぞろえ・高シェア、及び製品の高い信頼性・品質力を強みとしている。さらにビジネステーマである「ビジュアル・コミュニケーション・テクノロジーの創造」に向けて、インキの開発・生産で培ってきた基盤技術を機能性材料事業に応用展開している。またインキ領域にとどまらず、幅広く研究機関や企業などと連携し、ケミカル分野を注力分野として新規領域への展開と新たな事業の柱の育成も目指している。

2. 沿革
同社は1896年、個人商店の阪田インキ製造所として大阪市で創業し、新聞インキの製造・販売を開始した。1911年には日本で初めて亜麻仁油製印刷インキ用ワニスの工業化に成功した。

1920年に株式会社組織に改組し、1961年に大阪証券取引所市場第2部に上場、1962年に同市場第1部に指定替えした。1987年には商号をサカタインクス株式会社に改称し、1988年に東京証券取引所市場第1部に上場した。そして2016年11月に創業120周年を迎えた。

海外展開は、1960年フィリピン(マニラ市)に初の海外駐在所を開設し、以降順次、海外主要拠点に現地法人を設立している。2020年6月には、ドイツのA.M.Ramp & Co.GmbH(以下、RUCO)の全株式を取得して子会社化した。

2017年1月には大阪市女性活躍リーディングカンパニーの認証を取得した。また、同年12月には国内の主要4工場(東京、大阪、滋賀、羽生)においてTPMアドバンスト特別賞を受賞した。TPM(Total Productive Maintenance=全員参加の生産保全)とは、(公社)日本プラントメンテナンス協会によって提唱されたもので、同社の革新的生産方式の構築と海外への展開などが高く評価された。また「設備保証度の向上」についての論文がTPM優秀論文賞プロダクション部門第2席を受賞した。

3. グローバル展開
グループ(2019年12月期末時点)は同社、連結子会社27社、持分法適用関連会社4社で構成され、日本及び海外合わせて18の国・地域に印刷用インキ製造・販売拠点を展開している。なおタイのETERNAL SAKATA INX CO,LTD.(以下、エターナル)、ブラジルのCREATIVE INDUSTRIA E COMERCIO(以下、クリエイティブ)は、2019年12月期から新規連結対象とした。2020年6月に買収完了したドイツのRUCOについては2021年12月期から連結対象とする見込みだ。また同社から分離独立した電子部品輸出入・EMS事業のシークス
7613は持分法適用関連会社である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up