for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

サカタインクス Research Memo(8):中期経営計画でCSR活動や環境経営推進により企業体質・経営基盤を強化


*15:48JST サカタインクス Research Memo(8):中期経営計画でCSR活動や環境経営推進により企業体質・経営基盤を強化
■中長期成長戦略

1. ビジネステーマはビジュアル・コミュニケーション・テクノロジーの創造
サカタインクス
4633の中期経営計画では、基本方針となる「Innovation for the Future~未来に向けた革新~」を掲げている。

情報メディアの多様化、食の安心・安全意識の高まり、環境規制の強化を背景とした印刷市場の変化に柔軟に対応し、CSR(企業の社会的責任)活動の充実や環境経営の推進を図ることにより、企業体質・経営基盤の強化に取り組む。そしてコア事業である印刷インキ事業及び機能性材料事業の拡大、コア事業で培った技術の応用展開による新規事業の創出を推進し、グローバル企業としての持続的成長を図るとしている。


世界の需要は環境配慮型製品へ。新製品開発及び市場への投入を積極推進
2. 環境配慮型製品の市場は拡大基調
印刷用インキの市場動向を見ると、国内印刷用インキ市場の約4割を占め、同社が主力としているパッケージ印刷用インキ(段ボールや紙器など紙パッケージ印刷用、食品・化粧品・トイレタリー製品・日用品などフィルムパッケージ印刷用、飲料缶など金属缶印刷用など)の市場は拡大基調である。

また地球環境問題を背景として、世界的に需要は環境配慮型製品へシフトしている。したがって国内に限らず、アジア、米州、欧州でも、パッケージ印刷用インキ市場を中心に、環境配慮型高機能・高付加価値インキの市場拡大・開拓余地は大きい。

主要市場の特徴として、欧米市場は食品・化粧品・トイレタリー製品・日用品などフィルムパッケージ印刷用の分野で、日本市場と同様に環境対応や高機能化が求められている。また、環境意識の高まりにより、リサイクルが容易な金属缶が見直されはじめている。アジア市場は人口増加や経済成長を背景として、印刷インキ市場全体が拡大基調である。また中国でも環境規制を背景として環境配慮型製品の需要が拡大している。

3. 環境配慮型の新製品開発・市場投入を積極推進
SDGs(持続可能な開発目標)も意識した市場動向に対応して、環境配慮型高機能製品の開発・市場投入を積極推進している。

環境に優しい包材として紙器パッケージが見直されるなかで、材料の一部を植物由来成分に置き換えて、インキ固形分中に10%以上の植物由来成分を含有する独自の「ボタニカルインキ」シリーズは、既に様々なパッケージに採用が広がっている。このほかの製品例として、印刷時のエネルギー消費を提言することでCO2の排出抑制に貢献する高感度UVインキ・EB硬化型インキがある。また、食品の消費期限を延ばして食品ロス削減に貢献するガスバリア剤、レイバリア剤、防湿コート剤、低炭素排出型印刷システムなどの拡販も推進している。

2020年の新製品の展開としては、PETボトルとラベルのリサイクルを同時に可能にするウォッシャブルインキ(脱墨インキ)の「Genesis GS」シリーズが、4月に米国APR(the Association of Plastic Recyclers)の適合認証を取得した。7月には、環境配慮型UV硬化型インクジェットインキ「BSR-Bio インク」を開発した。植物由来のバイオマス材料を配合して「ボタニカルインキ」マーク対応とした。これまでのグラビア、フレキソ、オフセットの各種印刷インキの「ボタニカルインキ」シリーズにインクジェット用を追加することで、環境配慮型製品のラインアップを強化した。

さらにコロナ禍の影響でパッケージに対しても衛生と安全が求められ、抗菌意識が高まっている状況に対応して、抗ウイルスニス・抗菌ニス「Rabコート」シリーズのラインアップも拡充している。表面にコーティングすることで優れた抗ウイルス効果・抗菌効果を発現し、(一社)抗菌製品技術協議会(SIAA)の認証も取得している。


新たな柱の育成を目指してケミカル分野など新領域への展開に意欲
4. 新たな事業の柱の育成
また印刷用インキ領域にとどまらず、新たな事業の柱の育成を目指して、光学、モビリティ、エネルギーなどをターゲットとする新領域への展開にも意欲を見せている。

注力分野として4つのケミカル分野(エレクトロニクス・ケミカル、オプト・ケミカル、エナジー・ケミカル、バイオ・ケミカル)を掲げている。幅広く研究機関や企業などと連携し、戦略製品の環境配慮型製品、導電性インク、電子回路用材料、屈折率調整剤、LED封止剤、ペロブスカイトPVインク、機能性コーティング剤、抗菌・抗ウイルスコート剤、天然由来ヘルスケア製品などの事業化に向けて、オープンイノベーションを推進する方針だ。

オープンイノベーションの取り組みの一例として、2020年3月には滋賀大学とデータサイエンス分野での連携・協力に関する協定を締結した。製品開発にデータサイエンス技術を活用するため、滋賀大学との産学連携の取り組みを通じて製品開発を加速する。2020年7月にはイギリスのGlobal Inkjet Systems(以下、GIS)と、産業用インクジェットプリンター分野で業務提携した。デジタル印刷に対応したデジタルインクの開発など事業領域拡大に向けて、GISと協業して産業用インクジェットソリューションを提供する。

またエレクトロニクス製品への展開を目指して、部品製造・EMSを展開する関連会社(持分法適用)のシークスとの連携を強化している。オプト・ケミカルをベースとした屈折率調整材料やLED封止剤材料、エレクトロニクス・ケミカル材料で構成される電子回路材料やセンサー材料など、同社の素材・材料の開発・選定からシークスの実装生産までのバリューチェーンの構築、独自のトータルソリューションの提供を推進する方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up