for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

サカタインクス Research Memo(9):ESG・SDGsへの取り組み強化。国内外の問題に幅広く取り組む


*15:49JST サカタインクス Research Memo(9):ESG・SDGsへの取り組み強化。国内外の問題に幅広く取り組む
■サカタインクス
4633の中長期成長戦略

5. ESG・SDGsへの取り組み
ESG(環境・社会・ガバナンス)やSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みも強化している。

E(環境)では、環境マネジメント体制を強化し、強みを持つ環境配慮型製品の拡販や、再生可能エネルギーの導入(滋賀工場に太陽光発電所を設置等)を推進している。S(社会)では、時間外労働削減に向けた労働環境の改善、従業員の安全確保に向けた労働安全衛生の充実や健康管理、社会・地域への貢献を推進している。G(ガバナンス)では、コーポレート・ガバナンス体制(意思決定・業務執行体制、監査体制、インターナショナル・アドバイザリー・ボード)を確立するなど、その機能強化を推進している。

なお2017年1月には大阪市女性活躍リーディングカンパニーの認証を取得している。また2019年1月には、GPIFが新たに採用したESG投資のための株式指数「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」の構成銘柄に選定されている。

さらに経済産業省が2019年1月に設立したクリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンスにも参画している。地球規模の新たな課題である海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて、プラスチック製品の持続可能な使用や代替素材の開発・導入を推進し、官民連携でイノベーションを加速化する。このアライアンスには2020年8月27日現在で261社・団体が参加している。

新製品開発は環境への配慮という点を意識して取り組んでいる。例えば廃棄物削減という点では、版を使用せず小ロットでの生産が可能なインクジェット技術を、社会課題解決のためのソリューションの1つとして開発を推進している。二酸化炭素の排出量削減という点では、材料の一部を植物由来成分に置き換えたボタニカルインキシリーズの拡販を推進している。食品ロス問題では、酸化を防止するガスバリア剤によって食品の保存期間の長期化に貢献する製品の開発を推進している。このほかにも、従来の熱乾燥で硬化するインキから、UVやEBといった省エネルギーで硬化するインキの展開を推進している。


環境配慮型製品、グローバル展開、新規領域で新たな成長ステージ期待
6. 新たな成長ステージを期待
印刷用インキ市場では世界的に環境配慮型高機能製品へシフトする流れが強まり、その市場拡大・開拓余地は大きい。同社は環境配慮型高機能・高付加価値製品の開発・品ぞろえ・高シェアが強みであり、先行してグローバル展開した実績や各国の地域特性に合わせて製品投入するノウハウも豊富だ。

環境配慮型高機能製品の拡販とグローバル展開の加速をベースとする事業戦略に大きな変化はないだろう。さらに新規領域への展開も寄与して、新たな成長ステージに向かうことを期待したい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up