for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

日本BS放送---20年8月期は2ケタ増益、番組制作、宣伝施策を効率的に進めコストコントロールに努める


*17:01JST 日本BS放送---20年8月期は2ケタ増益、番組制作、宣伝施策を効率的に進めコストコントロールに努める
日本BS放送
9414は6日、2020年8月期連結決算を発表した。売上高が前期比9.6%減の113.94億円、営業利益が同29.3%増の21.89億円、経常利益が同29.2%増の21.95億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同28.6%増の14.90億円となった。

当第3四半期以降は当初予定されていたイベント等の中止やロケ撮影の自粛により番組制作の一部が中止となったが、安全に配慮しリモート収録などの制作体制を取り自社制作コンテンツを充実させ、新たに寄席演芸を見て笑って自粛ムードを乗り切ろうというコンセプトで制作した寄席番組や、延期となった東京オリンピック・パラリンピックを臨み、過去の番組映像や取材アーカイブを活用した番組を制作、放送した。

更に、アニメファンから根強い人気を誇る『ANIME+(プラス)』においても第3四半期以降予定していたアニメ作品の放送延期が発生したが、製作委員会へ出資した作品を中心に、毎クール約40タイトルのアニメ関連番組を放送した。

費用面については、再放送や再編集版への差し替えや、新たな試みによる視聴者需要の充足と番組制作継続の両立を図るとともに、番組宣伝や局認知度向上施策を従来以上に効率的に進めコストコントロールに努めた。

2021年8月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比0.1%増の114.00億円、営業利益が同31.0%減の15.10億円、経常利益が同27.1%減の16.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同30.2%減の10.40億円を見込んでいる。



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up