for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

タマホーム---リフォーム工事にドローンを利用、目視では困難な屋根周辺部の調査が可能に


*10:22JST タマホーム---リフォーム工事にドローンを利用、目視では困難な屋根周辺部の調査が可能に
タマホーム
1419は7日、ドローンを活用した屋根周辺部の調査を2020年9月より開始したと発表。同社で住宅を建築した場合の保証延長工事などの際に適応される。

これまで、建物調査においては、大掛かりな足場工事が必要となるため、屋根上の目視調査までは実施されないのが一般的だった。今回、ドローンを活用することで、目視では確認が困難だった部位についても不具合の有無確認が可能となったという。

現行の法律では、住宅販売業者は構造耐力上主要な部分や雨水の侵入を防止する部分に関して、引渡から10年間保証することが定められている。同社では、定期点検の実施と有償のメンテナンス工事を継続することで、10年の保証が延長でき、最長30年間(長期優良住宅の場合は最長60年間)の保証をおこなっている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up