for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

クリーク・アンド・リバー社---きづきアーキテクトを子会社化。新規事業の加速度的な促進で、企業価値向上目指す


*10:47JST クリーク・アンド・リバー社---きづきアーキテクトを子会社化。新規事業の加速度的な促進で、企業価値向上目指す
クリーク・アンド・リバー社
4763は8日、きづきアーキテクトの第三者割当増資を引き受け、子会社化することを発表。


クリーク・アンド・リバー社は、映像、ゲーム、Web、広告・出版、医療、法曹、建築などの17分野で、プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開している。

きづきアーキテクトは、世界有数のコンサルティングファームとされるローランド・ベルガーの前グローバル共同代表兼日本代表を務めた長島聡氏が設立。長島氏は、製造業を中心に事業構想立案やDX導入などのプロジェクトを手がけ、豊富な実績を有している。

今回の株式取得により、クリーク・アンド・リバー社が有する独自のプロフェッショナル・ネットワークと、きづき社の事業構想力とを融合し、新規事業の加速度的な推進等を通じて、グループとしての企業価値向上を目指していくという。

協業の第1弾として、クリーク・アンド・リバー社が東京都と協働してスタートアップ企業等を支援する事業者に選ばれている、東京都の「5G技術活用型開発等促進事業」において、きづきアーキテクトのノウハウを活用。VR・AR、大容量映像伝送システム、自動運転関連など、5G技術を活用したイノベーションの創出や、新たなビジネスの確立を促進していくとしている。

払込日は、2020年10月30日を予定。割当株式数は2,100株(議決権所有割合:70%)である。1株当たり47,620円で、調達資金額は約1.00億円。きづき社の資本金は0.09億円。






《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up