for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

今週のマーケット展望「日経平均2万4000円台を試す展開」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)


*10:05JST 今週のマーケット展望「日経平均2万4000円台を試す展開」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)
皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。なんだか一気に寒くなって、秋らしくなりましたね。体調に気をつけていきましょう!今朝の日経平均は続落でスタートしましたが、ここからどう動くのでしょうか?

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、10月12日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。

まず広木さんは、『今週は13日にIMFの世界経済見通しが発表される。すでにゲオルギエバ専務理事が講演で、今年の世界成長率の予測を従来のマイナス4.9%から上方修正すると表明している』と伝えています。その理由は『中国の回復ペースの上振れや、各国の財政出動や金融緩和で、世界経済の回復が想定を上回ったためとしている』とのこと。

そして『景気回復を映して先週は景気敏感株の中でも海運、鉄鋼、非鉄金属、ゴム、ガラス・土石といった素材関連株が物色された』とした上で、『今週はファナック
6954、SMC6273、日立建機6305など中国関連の機械株が物色されるだろう』と予想しています。

さらに、『先週末に発表された安川電
6506の決算が追い風になりそうだ』と広木さんはみています。

『安川電は2021年2月期の純利益が前期比0.4%減の155億円になる見通しだと発表した。中国で5G需要の拡大を追い風に主力のモーターが好調だという。上場企業全体では今期はおよそ2割減益の見通しのなか、現時点でほぼ横ばいの利益予想を開示したことを市場は好感するだろう。純利益の155億円はクイックコンセンサスを下回るものの、営業利益などはほぼコンセンサス通りだった。受注高は中国が13%増と9四半期ぶりに前年同期比でプラスに転じた。12日に発表される9月の工作機械受注の速報も期待できるだろう』と考察しているようです。

また、『今週は注目の決算が相次ぐ』として、『まずは米国で7-9月期の決算発表が始まる。13日のJPモルガン、シティを皮切りにGS、ウエルズファーゴと金融機関の決算発表が続く』と伝えています。

加えて、『米国以上に注目なのが14日の露光装置の世界大手ASMLホールディングス(オランダ)、15日のTSMCの決算だ』とのこと。『これらの決算次第ではあるものの、半導体関連が一段高となる公算が高い』と予想しています。

日本では、『15日のファストリ決算が注目される』とみています。

一方、『注目イベントは、アップルが米西部時間13日午前10時から開くオンライン特別イベントだ』と言及。『5Gに初めて対応する新型iPhoneを発表するとみられている。アップル関連の電子部品株が買われるきっかけになりそうだ』と分析しています。

また、『15日のEU首脳会議が波乱材料と見られているが日本株には影響は少ない。英国とEUの自由貿易協定(FTA)交渉の期限を迎えるが両者の妥協点が見えないためおそらく期限は延期されるだろう』として、『それより米国の追加景気対策に関する与野党の動向のほうが市場へのインパクトが大きい。追加景気対策に関連した報道で米国の相場が大きく動く展開に注意したい』と示唆。『それ次第で日経平均は2万4000円台を試す展開に。年初来高値更新も視野に入る』と見解を述べています。

最後に、今週の予想レンジについて『2万3500円~2万4100円』と予想しています。

参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ



《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up