for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

イグニス Research Memo(3):『with』を主力にVRとエンターテインメント分野のサービスも本格始動(2)


*15:13JST イグニス Research Memo(3):『with』を主力にVRとエンターテインメント分野のサービスも本格始動(2)
■イグニス
3689の事業概要

2. 持分法適用関連会社による取り組み
(1) AI分野
2015年11月に持分法適用関連会社とした(株)ロビットとの連携により、AI技術を活用した自動外観検査ロボット『TESRAY』及びピッキングソリューションの開発を行っている。まだ、実証実験の段階であるが、着実に現場導入が進んでおり、将来に向けたポテンシャルは大きい。

(2) IoT分野
同じく、ロビットが2016年7月に販売を開始したスマートフォン連動型カーテン自動開閉機『めざましカーテンmornin’ plus』※が着々と販売数を伸ばしている(累計販売個数は5.5万個を突破)。

※「めざましカーテンmornin’ plus」は、取り付けが簡単なうえ、スマートフォンと連動させてタイマーを設定するだけで、設定した時刻にカーテンが自動開閉するアイデアIoT家電(目覚まし装置)。


(3) モビリティビジネス・プラットフォーム
2016年2月に設立した(株)Mellow※1により、モビリティビジネス・プラットフォーム『SHOP SHOP』(『TLUNCH』より名称変更)を展開している。「活用されていない空地」と「フードトラック事業者」※2をマッチングさせ、シェフのこだわりの料理を提供するものである。

※1 2018年9月期第4四半期より連結子会社から持分法適用関連会社へと移行。
※2 専門店のシェフが移動販売車(「フードトラック」や「キッチンカー」と呼ばれている)で出来立ての料理を提供する新しい飲食業態。


3. グループ組織再編
同社グループは、同社のほか、連結子会社12社と持分法適用関連会社2社により構成されているが、2020年8月7日の取締役会にて連結子会社6社※を同社本体へ吸収合併することを決議した(2020年10月より)。「ゲーム事業」における2タイトルの譲渡に伴う組織再編を含め、業務効率化と人材及び経営資源の集約化が目的と見られる。

※(株)IGNIS APPS、(株)スタジオキング、ALTR THINK(株)、(株)イグニスメディカルケアソリューションズ、(株)ラップランド、(株)アイシーの6社。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up