for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

今週のマーケット展望「市場センチメントの悪化で軟調な展開か」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)


*10:04JST 今週のマーケット展望「市場センチメントの悪化で軟調な展開か」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)
皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。

日本はGo Toキャンペーンで盛り上がっているところですが、ヨーロッパではまたコロナ感染者が急増していますね。パリで夜間の外出が禁止になるなど、不安が広がっています。そんななか、今朝の日経平均はダウの上昇を受け反発してスタートしましたが、この後どう動いていくのでしょうか。

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、10月19日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。


まず広木さんは、今週について『4-9月期決算が本格化する前の週に当たり手掛かり材料に欠ける』と言及。

さらに、『米国での追加景気対策協議の行き詰まりと欧州でのコロナ感染の再拡大で市場のセンチメントは悪化している』とし、『テクニカル面でも日経平均は25日移動平均でかろうじて止まっている状況で、ここを割り込めば2万3000円までストンと下がるリスクもある』と懸念しています。

一方で、『月曜日は中国の重要指標の集中発表日。7-9月期のGDPと9月の鉱工業生産、小売売上高などが発表される』として、『7-9月の成長率予測の平均値は5.2%と4-6月の3.2%より加速すると見込まれる。中国経済の堅調さが市場のセンチメント改善につながることを期待したい』と見解を述べています。

また、今週の注目イベントとしては『22日(日本時間23日)に予定されている米大統領候補の討論会』を挙げています。

広木さんは『史上最低の討論と称された前回は、バイデン氏優勢の判断で市場の急落を招いたが、いまやバイデンが優勢になったところで市場はリスクとみなさない。トランプ大統領が態度を改めたところでこれも市場に与える影響はないだろう』との考えで、『よって注目度は高いがマーケットの材料にはならないだろう』と分析しています。

最後に、今週の予想レンジについて『2万3000円~2万3600円とする』としています。

参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ


《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up